MENU

当日お金を借りるコツ | 今すぐ申込み可能!

緊急にお金が必要なのに、手持ちのお金では足りないし近くに友達や親族でお金を借りれるような人がいないという場合には、即日で融資をしてくれる金融機関の存在がとても便利に思うことでしょう。確かに即日で融資をしてくれる金融機関はたくさんあります。しかし問題は、その審査に通らなければ融資を受けることができないということです。そこでここでは当日にお金を借りるために知って起きたいコツをご紹介します。今すぐお金を借りる必要がなくても、将来的に見ればいつ必要になるか分かりません。事前にコツを抑えるようにしておきましょう。

 

 

当日なら何時までに申し込みが終わっていればいいのか?

即日で融資を受けるためには、ある一定の時間までに申し込みを終了していなければなりません。アコム・プロミスを例題考えてみたいと思います。アコムの場合は平日14時までに、電話かネットを通してまずは申し込みを済ませていなければなりません。プロミスの場合は、パソコンやスマートフォンから平日14 時までのWeb契約で即日の振込融資も可能となります。この2つの例で分かるように、たいていの場合は14時までに申し込みを行うといいようです。さらに平日あるということも条件です。土日・祝日には受付を行っていない場合もありますので、申し込む際には注意しておきたいです。

 

 

収入証明はいくらまでなら要らないのか?

即日であるならば、書類などを集める時間がないということもあるでしょう。そんなときに知っておきたいのが、収入証明書が必要となる金額です。ここでもアコム・プロミスを例題に考えて見ましょう。アコムとプロミスはともに、希望の借入額が50万円を超える場合、または希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合となっています。もちろん銀行系ではもう少し高い額まで収入証明書を必要とはしていません。しかし、50万円はひとつの目安となる金額と思っているといいいでしょう。

 

 

携帯やスマートフォンの分割払いは日頃から滞納がないようにしておく

審査に通るためには、携帯やスマートフォンの分割払いについても注意しておく必要があります。どうしてでしょうか?これらの支払いはクレジット払いの扱いになり、返済の記録が信用情報に載っているのです。つい滞納してしまいがちかもしれませんが、信用情報にキズがあると審査には通りにくくなります。気をつけましょう。

 

はじめてカードローンを申し込む方へアドバイス

はじめてカードローンを利用するというときには、何かと不安を抱えるものでしょう。今月ちょっとお金が足りない、今月急なことがあり、どうしてもお金を用立てたいという時は、誰にでもあるものです。そんなときには利息があっても、知っている人に頼むよりも借りたほうが楽と考える人も多いと思います。そこで、ここでは初めてカードローンの利用する人へのアドバイスについてお話したいと思います。

 

アドバイス1;借り入れをする条件

もちろん借り入れをする金額にもよりますが、基本的にカードローンは誰でも利用できるものです。年齢制限としては、65歳~70歳くらいまでの成人、安定的な収入がある人ということになります。さらに最近は収入のない主婦などでも、借り入れを行えますので、気軽に少ない借り入れならばできることでしょう。

 

 

アドバイス2;金融機関について知る

借り入れをする先はいくつかあります。まずは消費者金融系のカードローンでは、年齢と安定収入さえ条件にあえば、審査に通過しやすいです。その一方で金利は高めといえます。銀行系のカードローンは比較的審査が厳しいです。しかしその分金利が安く借り入れも安心して行えます。信販系のカードローンは、銀行と消費者金融の中間的存在です。

 

 

アドバイス3;返済できる金額のみを借りる

当然ですが、借りたお金は返済しなければなりません。そのため借り入れを行うときには、毎月の返済額について考えながら借り入れを行いましょう。無理な返済計画は絶対に立ててはいけません。

 

 

アドバイス4;総量規制を知る

銀行系以外での買いりれを行う際には、総量規制と呼ばれるものが適用されます。これにより借り入れをできる金額は、年収の3分の1までとなっています。それ以上の借り入れを行うことは、法律で禁じられていますので、銀行系以外を使用するときには気をつけましょう、

 

 

アドバイス5;正直な申告が必要

審査時に見られる項目として、申し込み記載の正確さも問われてきます。在籍確認の電話といって、本当に記載してある家に住んでいるか?記載してある会社に在籍しているか?ということが確認されますので、記載事項についてはしっかりと正直にミスなく記入しましょう。

 

 

このようにカードローンを利用する上で、少しだけ気をつけることがありますが、しっかりとポイントを抑えていれば、安全に借り入れを行うことができるでしょう。くれぐれも借りすぎにだけは気をつけましょう。

 

 

更新履歴